ミナミヌマエビ抱卵 〜1週間目〜

スポンサード リンク
ミナミヌマエビの写真
ミナミヌマエビの写真 ミナミヌマエビが抱卵して1週間ほど経ちましたが、特にこれといった変化はないようです。
卵の側面は、側甲と呼ばれるうろこのようなもので守られているようです。

ただ、この時期2つほど心配なことがありました。

1つは水槽のレイアウト変更のためにエビを水槽からバケツに移動させたことです。

出来るだけストレスを与えないように、ネットでは救わずに小さい洗面器に移動させて移しましたが、これがどう影響するか・・


そして2つ目は、レイアウト変更で水槽をいじくりまわしたのがよくなかったのか、どういうわけがミナミヌマエビが以前のように活発に動き回らなくなってしまいました。

以前までは鋏を頻繁に動かしてコケを食べ、しょっちゅう泳ぎ回っていたのが、あまりコケも食べずに一ヶ所に固まってしまうエビが多くなってしまってます。。


ミナミヌマエビの写真ひょっとするとレイアウト変更の際に、それまで外部フィルターの給水側にエーハイムのニュービリーフィルターをプレフィルターとして使っていたのを、ストレーナーにかぶせる小振りのスポンジに変更した事で、バクテリアが減少してろ過が上手く機能しなくなったのでは?という気もしています。

アンモニアや亜硝酸を測定する水質測定剤は持ってないので、なんともいえないのですが。。

やっぱり水質測定剤は一通り持っていないとダメですね。
原因がわからないと対策も上手く取れませんからね・・

これが卵にどう影響するかはわかりませんが、とりあえず換水しながら様子見てみます。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;