ミナミヌマエビが繁殖しすぎた場合は・・

スポンサード リンク
ミナミヌマエビ写真稚エビが誕生して喜んでいたのですが、またまた2匹抱卵しているミナミヌマエビを発見してしまいました!

稚エビは軽く数えただけでも12匹程度いたので、隠れて見つけられない分も入れるともっといると思います。

これからドンドン増えて行った場合、30cmのキューブ水槽はミナミヌマエビだらけになってしまいます・・


現在、対策を考え中なのですが、ちょうど庭にコンクリートの水槽?のようなものがあるので、そこに放そうかと思ってます。

上の丸いやつは直径85センチ、深さが40センチほどあるので、かなりの数を収容できるのではないかと思います。


ミナミヌマエビ写真ミナミヌマエビ写真

もうひとつ、四角いタイプの小形のコンクリート水槽?もあるので、増えすぎたミナミヌマエビはここにすんでもらおうかと思います。

どちらの水槽にも藻が大量にあり、エサには事欠かないと思いますし、金魚がいるので稚エビは適度に食べられ、メチャクチャ増えすぎることも無いのではないかと思います。

金魚も、コンクリート水槽内の藻などを食べて元気に生きているようです。
冬も水面に氷が張っているような低温でも生き残ってます。

ミナミヌマエビも、低温にはかなり強いようなので、野外での越冬もおそらく大丈夫でしょう!

ミナミヌマエビが増えすぎた場合は、水槽内の温度と野外の温度が同じ程度になる初夏ぐらいから放していこうと思います。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;