抱卵ミナミヌマエビが☆になってしまいました・・・

スポンサード リンク
ミナミヌマエビが抱卵して約3週間ほど経ったと思うのですが、抱卵したミナミヌマエビが死亡してしまいました。。

ただ、今までお腹にあった卵がどうも少なくなっている?ような気もするので、ひょっとしたら稚エビが誕生しているかもしれません。

どうも卵を孵した後は比較的早い段階で死んでしまうようですが、なんとも言えないです。。

水槽内を見回してみたのですが、今のところ稚エビは見当たりません。
生まれたばかりの稚エビは相当に小さいので、見つけられないだけかもしれないですけど。。


でも、もし卵もダメになってしまっていたらちょっとショックですね〜。

ひょっとしたら、換水に問題があったかもしれません。

基本的に換水は3日に一度、1/5〜1/6程を換えるようにしていたのですが、これでも多すぎたのかもしれませんね〜。。

以前熱帯魚を買っていた時などは、1〜2週間に一度、半分ほどの水量を換水していたのですが、そうするとヤマトヌマエビが苦しいのか水槽内を異常に泳ぎまくるんですよね。

しばらくすると落ち着くんですが、やはり換水は魚や特にエビにとってはかなりストレスになるようです。

そういうわけで、今は換水量を少なくしてこまめに換水するようにしていたのですが、ひょっとしたらこれでもなにかまずかったのかもしれません。


今思えば、抱卵したミナミヌマエビだけを他の容器に移して隔離しておけばよかったような気もしますね〜。
まあ、稚エビが誕生していて見つけられないだけなのかもしれないですが。。

あと一匹、抱卵しているミナミヌマエビがいるので、今後はこのエビを注意してみていこうと思います。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;