藻類・コケを食べてくれる生物

スポンサード リンク
水槽に繁殖する厄介な藻類・コケですが、実はこの藻類・コケを好んで食べてくれる、大変ありがたい生物が存在しているのです!

これらのコケを食べてくれる生物は、生物兵器などと呼ばれたりもします。

代表的なものには、ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビ、サイアミーズフライングフォックス、石巻貝、オトシンクルス、ブラックモーリー等がいます。


まずはエビ類ですが、コケを食べるエビとしてもっとも良く知られているのは、ヤマトヌマエビではないでしょうか。

ヤマトヌマエビは食欲旺盛で、コケ取り能力は非常に優れた物があるんですが、その反面コケが少なくなってくると葉の柔らかい水草を食べたり、弱った小形の魚を襲って食べる事もあるので、多少注意が必要かもしれません。

水槽の環境にもよりますが、コケの予防には60cm水槽で、ヤマトヌマエビ10匹前後が目安のようです。

ミナミヌマエビ(写真のエビ)も、ヤマトヌマエビに比べれば多少コケ取り能力は劣りますが、それでもかなり熱心にコケを食べてくれます。

ただ、ミナミヌマエビの場合は水槽内で簡単に繁殖するので、稚エビを食べれる程度の大きさの魚を入れておかないと、相当な数に増えてしまう可能性があります。

ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビ共に糸状のコケや、木酢酸で弱った黒髭コケなどを食べてくれます。


サイアミーズ・フライングフォックスは、やっかいな黒髭ゴケを食べてくれますが、すごく好んで食べるというわけではないようです。

成長すると10p程度の大きさになるので小形水槽での飼育は難しく、成長するとエサばっかり食べてあまりコケを食べなくなる傾向にあります。


石巻貝オトシンクルスは、ガラス面や水草につく、珪藻や斑点状藻等を食べてくれますが、全てをキレイに食べ尽くしててくれるわけではないです。

ガラス面のコケなどは、貝やオトシンクルスが通って食べた部分だけきれいになるので、まだらになったりします。。

石巻貝やオトシンクルスは、コケが少ないと気がつかないうちに餓死していたりするので、エサを与えないのであれば、あまり多くは入れないほうが良いと思います。

オトシンクルスだと、60cm水槽に2匹程度が安全?でしょうか。


ブラック・モーリーは藍藻を食べてくれますが、藍藻は繁殖力が強い上に底床部分のガラス面などにも繁殖するので、全てを食べてもらうのは難しいと思います。

それと、ブラックモーリーは藻類だけではなく、水面に浮いた油膜も食べてくれるようです。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;