藍藻(らんそう)

スポンサード リンク
藍藻は、個人的には黒髭ゴケと並んでもっとも嫌いなコケの一種です(^^;

藍藻は深緑色をしたコケで異臭を放ち、アメーバのように膜を張りながら増えますが、付着力は弱くホースなどで吸いだすことができます。

藍藻は特に底床内や底床と接しているガラス面など、水の通気性が悪い部分に発生しやすく、一度発生してしまうとなかなか完全に除去するのがなかなか難しい藻類です。


底床のガラス面などに発生している藍藻で、ホースで取り除けない物は木酢酸やADAのフィトンギットを薄めた物をスポイトで注入してやると効果があるようです。

あとは、ブラックモーリーが藍藻を食べてくれるようですが、なかなか完全に食べてくれるのを期待するのは難しいと思います。


今までの経験からすると、大体半年以上経過した水槽の、底床と接しているガラス面などに生えてくるパターンが多かったように思います。

底床と接しているガラス面(特に前面)に生えてくると非常に見苦しく、個人的には藍藻が出てきた際には、水槽をリセットしてました(^^;

藍藻はある程度時間が経過した水槽(特に通水性の悪い部分)に、発生しやすい藻類といえるかもしれません。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;