珪藻(けいそう)・茶ゴケ

スポンサード リンク
珪藻・茶ゴケは水槽を新しくセットした時などに発生しやすい藻類です。

珪藻は茶色くぬめり気のあるコケで、水草や水槽のガラス面、底床などに繁殖していきますが、付着力は弱く、手でこすると簡単に落ちてくれます。

水槽セット時にはバクテリアの働きが弱いのに加え、特にソイル系の底床を使った場合は肥料分が過剰になりやすく、珪藻が大量発生したりする場合があります。

ソイル系の底床を使った場合は、特に最初の2週間ぐらいはこまめに換水(毎日〜1日おきぐらいに1/3程度)して、余分な肥料分を水槽外に排出するようにした方が良いです。

ソイル系の底床を使わず、砂利系や砂系の底床で肥料も使わずにセットした場合等は、茶ゴケが殆ど発生しない場合もあります。

オトシンクルスや石巻貝等の生物を入れておくと、好んで珪藻を食べてくれます。

ガラス面に付着した珪藻は、スクレイパーや三角定規などで落としてやると良いです。

珪藻はバクテリアが繁殖して水質が安定してくれば、自然となくなってしまう場合が多く、水槽セット時さえ気をつけておけば、あとは殆ど目にすることの無い藻類だと思います。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;