水槽用冷却ファンは湿度によって効果に差がある

スポンサード リンク
冷却ファンは、やはり湿度によってかなり冷却能力に差が出てきますね。

5月半ばに設置した冷却ファンですが、こちら熊本は6月後半〜7月上旬の梅雨に入って湿度が上がっているため、あまり水温が低下してくれません。


最近は雨ばかりで部屋の中もかなりの湿気があるのですが、先日水温を計った時は室温29℃に対して水温は−1℃の28℃程にまでしか下がってませんでした。


晴れた日だと、少なくとも4℃は下がっているので、やはり湿度の影響は大きいですねー。


冷却ファンは水が蒸発する際の気化熱によって水温を下げるので、湿度が高い日はなかなか水が蒸発してくれず、水温が下がってくれないのです。

しょうがないといえばしょうがないのですが・・


ただ、雨の日は基本的にそこまで気温が高くなるわけでも無いので、メチャクチャ深刻ということでもないんですが、やはり水温が下がらないと気になってしまいます。。

この前知った、小形クーラーのP-3041が気になってしまいますね〜。。


このP-3041であれば、湿気が高くても関係ないですからね。

かなり欲しいのですが、もう少し冷却ファンだけで様子を見てみようかと思ってます。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;