水替え不要の水槽は出来るのか?

スポンサード リンク
生物ろ過の最終工程で出てくる硝酸の濃度が高くなってくると、魚の健康に影響が出てきたり、コケが出やすくなってきたりするため、最終的には水換えによって硝酸を水槽外に取り出していました。

という事は、硝酸が水槽内に溜まってこなければ、水換えは殆ど不要で足し水程度ですむという事になります。

水草が大量にある水槽では、水草がある程度硝酸を吸収してくれますが、それでも限界があるかもしれません。


しかし、実はこの「硝酸」を還元濾過して「窒素」に変えてしまう、嫌気性バクテリア(還元脱窒菌)というものが存在しています。

嫌気性バクテリアは活動するのに酸素を必要としないバクテリアで、反対に酸素を必要とするバクテリアは好気性バクテリアと呼ばれます。
(好気性バクテリアは、アンモニア → 亜硝酸 → 硝酸に分解するバクテリア)


要するに、酸素が殆どないような環境下で嫌気性バクテリアを繁殖させて、硝酸を窒素に変えてもらい、水草に吸収させたり空気中に放出させてしまえば、水換えは不要というわけです。
(嫌気性バクテリアが活動するには別途バクテリアの餌が必要になります。)


そして、この嫌気性バクテリアを繁殖させて水換えを不要にしようというフィルターも発売されています。

TOTTO(トット)というメーカーから発売されている、「TOTTOパーフェクトフィルター」という壁掛け式フィルターがそうです。

長く連続した筒状の中を水が順番に流れていく事で、前半の筒部分で好気性バクテリアにより酸素が消費され、最後の方の筒では酸素がない状態になり嫌気性バクテリアが繁殖するという仕組みのようです。

かなり魅力的な商品なんですが、価格が高めなのと、いかんせん壁掛け式というのがネック(インテリア性が無い、二酸化炭素が逃げる、オールガラス水槽の場合強度的にも不安等・・)なので、私は購入してはいませんが。。

ただ、普通の枠有水槽で魚メイン(大型魚など)で飼育している場合などは、かなり使えそうな感じもします。

水換えが気になる人は、ちょっと試してみても良いかも?知れないです。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;