フィルターのから回しは必要?

スポンサード リンク
フィルターの空回しは、ろ過バクテリアの繁殖を目的としているのですが、果たしてどこまで効果があるのかはイマイチ疑問なところもあります。


ろ過の順番は、アンモニア → 亜硝酸 → 硝酸 → 水草が吸収 or 換水


という順序をたどるわけですが、最初のアンモニアはエサの食べ残しや魚の糞、尿などが腐って発生し、その結果アンモニアを好んで食べる好気性バクテリア(ニトロバクター)が発生して、アンモニアを亜硝酸に換えていくわけです。

という事は、魚などの生物が全くいない状態であれば、アンモニアも発生せず、結果としてバクテリアも繁殖しないという事になってしまいます。


水槽に水だけを入れて、たとえ1ヶ月間フィルターを空回ししておいたとしても、どうもバクテリアはあまり繁殖してくれないようです。


では、どうやってろ過バクテリアを繁殖させ、ろ過を機能させて水を作っていくのか?


これは、まだろ過バクテリアが十分に繁殖していない状態から、何かしらの生物を入れていかざるをえないと思います。

ろ過が機能していない状態でも、魚などの生物を水槽に入れて糞や尿から発生するアンモニアがなければ、そのアンモニアをエサに繁殖するバクテリアが増えていけないわけですから。。


最初に水槽に入れる生物は、まだろ過が十分機能せずアンモニア濃度が高めになる為、アンモニアに強く、価格的にも安い魚が理想的です。

こういった、水槽の立ち上げに入れる魚を”パイロットフィッシュ”と呼んだりするようです。

カラシン類などの水質にうるさくなく、丈夫で価格的にも安い魚が良いと思います。

水質の悪化に強く、最悪死んでしまっても諦めがつく安めの魚を飼育しながら、ろ過バクテリアを繁殖させ、こまめに換水しながら、少しずつ水を作っていきましょうという寸法です。


写真は水槽に水を入れて、フィルターを空回ししていた時の写真でが、私は1週間ほどフィルターを空回ししてから、ミナミヌマエビを10匹ほど入れました。

しかし、ミナミヌマエビ等のエビ類はアンモニアには大変弱く1週間後には約4匹程度にまで減ってしまいました。。

入れるときは大丈夫かな〜と、ちょっと心配だったんですが、やっぱりあまり大丈夫ではなかったみたいです・・

熱帯魚飼育を再開した時は、魚は飼育せずにミナミヌマエビだけを飼育しようと思っていたので、しょうがなかったのです。。


最初に入れる生物としては適してなかったかもしれませんが、今では無事ろ過も出来上がり順調に飼育できています。

なので、最初に入れる魚は最悪死んでしまう事もあるかもしれないので、いきなり高い魚を入れたりせずに、安い魚を数匹入れる程度にしておいた方が無難だと思います。


という事で、個人的にはフィルターの空回しはあまり長期間やっても意味が無いように思いますが、かといって全然意味が無いということも無いと思うので、この辺は適当に気のすむ程度やればよいような気がしています。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;