生物ろ過の仕組み

スポンサード リンク
ろ過のメインである生物濾過(せいぶつろか)は、どのようにして行われるのでしょうか?

魚の糞や尿、エサの食べ残しなどが水槽内で腐ってくると、アンモニアという猛毒物質が出てくるので、これを濾過槽内のろ材(上の写真)に付着したバクテリアに食べて分解してもらい、魚にとって無害な物質に変えてもらうのが生物ろ過の仕組みです。

まず、魚の糞や尿、エサの食べ残しなどが水槽内で腐ってくると、アンモニアという猛毒物質が出てきますが、アンモニアを好んで食べる好気性バクテリア(ニトロバクター)が、アンモニアを食べて亜硝酸という、多少毒性の低い物質に変えます。

そして、この亜硝酸を好んで食べる好気性のバクテリア(ニトロゾナモス)が、亜硝酸を硝酸という魚やエビにとって殆ど害の無い物質に変えてしまいます。

そして、硝酸は殆ど害は無いとはいえ水槽内に溜まりすぎてくると、魚が本調子でなくなってきたり、コケが出やすくなってきたりするので、最終的には水換えによって水槽外に排出する、というのがろ過の一連の流れになります。


まとめると、アンモニア → 亜硝酸 → 硝酸 → 水草が吸収 or 換水


という順序をたどって行き、この一連の流れを硝化作用と呼びます。

硝酸に関しては水草が吸収してくれるので、大量に水草がある水槽では殆ど検出されない場合もあるようです。

ただし、ろ過バクテリアが繁殖してろ過がスムーズに回り始めるには多少時間がかかります。
水槽をセットしてすぐだと、まだろ過バクテリアが繁殖していない為生物ろ過が行われないのです。

生物ろ過がある程度できるようになってくるには、水槽セット後最低でも2週間は必要になってくると思います。1ヶ月も経てば結構順調に、2〜3ヶ月も経てば完全にろ過が出来上がってくると思います。

ろ過が安定して水質が安定した水を、強い水とかこなれた水と呼んだりします。


そしてろ材や濾過槽の掃除をするときは、間違っても水道水で洗わないように注意が必要です!

水道水に直接熱帯魚を入れてしまった場合、水道水に含まれている塩素や重金属、ペーハーや温度の違いから最悪死んでしまう事もあるように、バクテリアを水道水にさらしてしまうとほぼ全滅してしまう可能性もあります。。

バクテリアはすごく小さく、魚などと比べても抵抗力が低い為、より敏感な環境の変化で死滅してしまったりするのです。

せっかくバクテリアが繁殖してきてろ過が機能し始めたのに、水道水で洗ってしまうとまた最初からやり直し、という事にもなりかねないです。

あと、水槽の水で洗う時もあまり洗い過ぎないように、軽くゆすぐ程度にしておくのが無難だと思います。

あまり熱心に洗いすぎても、バクテリアが流されてしまいますので要注意です。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;