濾過(ろか)の種類

スポンサード リンク
ろ過には、主に物理ろ過生物ろ過科学ろ過(吸着ろ過)の3種類があります。

物理ろ過というのは、水中に漂っているエサの食べ残しや魚の糞、水草の枯葉などを主にスポンジろ材等に絡ませて、水槽内から取り除き、見た目をキレイにするろ過です。

水槽内に漂っているゴミを吸い取って、水槽内をスッキリさせるだけのろ過で、水槽内の有害物質が取り除けるわけではありません。

ただ、物理ろ過に使うスポンジやウール等は、ある程度時間が経過するとろ過バクテリアが繁殖してきて、物理ろ過だけではなく、生物ろ過も行われてくるようになってはきます。

スポンジやウールは、汚れが目立ってきたら水槽内の水で洗浄して数回程度繰り返して使えますが、汚れがひどくなってきたり、弾力がなくなって目詰まりしてきたら新しい物に交換します。

水槽内の水で洗浄するのは、スポンジやウールに多少なりとも繁殖してきたバクテリアを殺さない為です。水道水で洗ってしまうとバクテリアが死んでしまうので要注意です。



生物ろ過とは、水槽内に発生したアンモニアや亜硝酸等の有害物質を、バクテリアの働きによって無害化するろ過で、ろ過のメインになる最も大切な濾過になります。

写真のような表面がざらついている軽石のようなろ材や、スポンジタイプのろ材など、生物濾過に適したろ材が各メーカーから色々と発売されています。

また軽石タイプのろ材でも、小さな石のような形をした物、丸い形をした物、リング状のものと様々です。




写真左は、エーハイムから発売されている軽石タイプのろ材(エーハイサブストラット)で、右の写真は同じくエーハイムから発売されているスポンジタイプのろ材を拡大した写真です。

この微細な凹凸や穴の中に濾過バクテリアが大量に住み着き、水槽内の有害物質(アンモニアや亜硝酸)を食べて無害化してくれるという仕組みです。

軽石タイプのろ材は、汚れてきた場合水槽内の水で軽くゆすぐように洗って、繰り返し半永久的に使う事が出来ます。

ただ、時間が経過してきたろ材は水を酸性に傾ける性質を帯びてくるような話も聞くので、気になるようなら定期的に交換してみると良いかもしれません。


スポンジタイプのろ材も、汚れてきたら水槽内の水でもみ洗いして、汚れを落として繰り返し使えますが、スポンジを握って元の形に戻りにくくなってきたら(反発力が無くなって来たら)、新しいスポンジろ材に交換して使います。

スポンジタイプのろ材は汚れが詰まったまま使い続けたり、あまり古くなって反発力が無くなったまま使ったりしていると、水量が低下してきたりするので、定期的に新しい物に交換する必要があります。



最後に科学ろ過(吸着ろ過)というのは、主に活性炭などで水の白濁や濁り、流木による水の黄ばみなどを吸着して取り除くろ過です。

吸着できる能力を超えた場合、今度は今まで吸着してきた物質を吐き出してしまったりするので、一定期間で交換する必要があります。

一般的な活性炭は大体2週間〜1ヶ月程で交換するのが普通です。

ただ、活性炭は水槽初期に発生しやすいアンモニアはあまり吸収してくれないようで、活性炭を水槽内に入れてもアンモニアはなくなってくれないようです。

活性炭は主に水槽の黄ばみや濁り、魚の治療薬を使った場合の水の着色などをキレイにしてくれます。

特に写真のキョーリンから発売されている「ブラックホール」という活性炭は非常に強力で、流木の黄ばみもキレイに吸い取ってくれます。流木の黄ばみに悩んでいるにはとてもオススメの活性炭です。

説明書によれば効果は2ヶ月持続すると書かれてあり(使用状況にもよりますが、個人的には1ヶ月半ぐらいが限界のような気がしています)、比較的効果も長持ちします。

価格は普通の活性炭に比べれば多少高いですが、流木の黄ばみ取りには、このブラックホール以外には考えられないといっていいぐらいに気に入ってます!





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;