すぐに熱帯魚を水槽に入れてはダメ?

スポンサード リンク
「水槽をセットしてすぐに魚を入れずに、フィルターをセットしてしばらくの間水を空回しすると良い」、と言うような事を聞いた事はないですか?

どうしてすぐに魚を入れてはいけないかというと、それはフィルター内にバクテリアが十分繁殖していないため、ろ過が機能していないから、という事なんです。


水槽の中に入っている熱帯魚は生き物なので、当然エサもやらなければいけないし糞や尿もしますよね。

そうすると、エサの食べ残し、糞や尿、水草があれば水草の枯葉などが腐ってきて、魚やエビ等の生物にとって有害な、アンモニアという物質を水槽内に撒き散らしはじめます。

このアンモニアというのが魚にとっては猛毒で、少しの量でも魚が死んでしまったりするわけです。


そこで、このアンモニアという猛毒をフィルター内や底床に住んでいるバクテリアに分解してもらって、無害化してもらう、というのがフィルターの役割です。

ところが、水槽をセットしてすぐだとこのバクテリアが殆ど繁殖してしていない為、フィルターをセットしてもろ過(生物ろ過)が殆ど機能せず、アンモニアが分解されずに水槽内に溜まっていってしまうのです。


そのため、水槽をセットしていきなり魚を入れたりせずに、まずは一週間ぐらい水を空回しして、ある程度バクテリアを繁殖させてから魚を入れましょう、ということなのです。

ただ、この水の空回しは個人的にはどこまで効果があるのか、ちょっと良く分からない感じでもあるんですが・・・詳しくはフィルターの空回しは必要?のページに書いてます。

次のページでは、ろ過の種類や仕組みを書いてます!





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;