水槽ガラス面のコケ取り作業

スポンサード リンク
ガラス面のコケ取り作業は、基本的に2週間に1回のペースで行ってます。

以前までは、ガラス面のコケ取りにはフレックス スクレイパーを使ってました。

600円ほどですが、とても使いやすくてコケも良く落ち、色々あるコケ取りグッズの中ではかなり使える部類に入るのではないでしょうか?

個人的にも結構気に入ってます。

しかし、最近は殆ど使う機会がなくなってきました。



なぜかというと・・・あらたにADAから発売されている、プロレイザー というコケ取りグッズを購入してしまったからです!

値段はFLEXスカイクレイパーの約10倍、6000円程します・・・

おそらく、水槽面のコケ取りグッズとしてはもっとも高いのではないでしょうか?

しかし、高いだけあってかこのプロレイザー、水槽内に全く手を入れることなくすばらしいコケ取り能力を発揮してくれます。


使い方としては、プロレイザーの先端部分にカミソリの刃のような物をセットして、ガラス面についているコケを根こそぎ落としていく仕組みです。







こんな感じで、金属板の間に刃を挟んで、ボルトで締めて固定していきます。

刃を挟む際に、注意しておかないとうっかり指を切ってしまいそうな感じなので、ここは気をつけておいた方がよさそうです。




あとは、こんな感じで水槽面のガラスに付着したコケをこそぎ落としていきます。
キレイにコケが落ちていくのはなかなか楽しいです(^^;




使い終わった後は、一度全部分解してタオルで拭いておくのがベストだと思います。

適当に水分をふき取ってしまっておいても別に錆びる事は無いと思うのですが、大切に使っていくならやはり隅々まで水分をふき取っておいた方が良いような気がしています。

慣れてしまえば分解するのもそんなに時間はかかりませんから。


個人的にコケ取りは水槽内に手を入れるのがイヤで、結構延び延びになってた事もあるんですが、このプロレイザーは水槽内に手を入れる必要がないので、かなりコケ取りが楽になりました。

水草や流木が入り組んでいる箇所でも、楽に確実にコケが取れるのも良いです。

ADAのプロレイザーでコケ取りするようになって、かなりメンテナンスが楽になったのでこれは買って正解だと思ってます。

>>フレックス スクレイパーADAプロレイザー 共に楽天にもあります。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;