水槽用クーラー・冷却ファン

スポンサード リンク
夏場はどうしても水槽の温度が高くなってしまうため、何らかの水温上昇対策をする必要が出てきます。

地域によって変わってくるとは思いますが、何もしなければ水温は30度を超え、水草や熱帯魚の健康な成長に問題が出てくる可能性が高いです。

一般的に熱帯魚や水草は、28度を超えてくると黄色信号、30度を超えると赤信号と思って良いとおもいます。


水槽の水温上昇対策にもっとも確実なのは、やはり水槽用のクーラーです。

ただ、水槽用クーラーは水温を確実に設定温度に保ってくれるメリットがある一方で、場所・電気代がかかる、音がうるさい、廃熱がけっこう熱い、定期的なメンテナンスが必要、小形水槽や水槽の本数が多くなってくると対応が難しいなど、欠点もあるんですよね。

上の写真のニッソーのクーラーは、以前熱帯魚飼っていたときに30cmキューブ水槽で使っていた物ですが、さすがに30キューブにはちょっとオーバースペックでだったようです。。

音も結構うるさいし、何よりクーラーの廃熱温度が結構あって熱いんですよね。というわけで、現在はヤフオクで売ってしまってありません。(^^;


そこで特に小形水槽の場合の水温対策としては、冷却ファンがオススメです。
これは小形の扇風機のような物で水面に風を送り、気化熱で水槽の温度を下げる仕組みです。

冷却ファンでも、水の温度を2〜4℃程度は下げられるので、冷却ファンでもけっこう効果はあると思います。

小形水槽やそこまでシビアに水温管理しなくてもいいという場合は、冷却ファンの方がメリットが大きいでしょうね。

60cm以上の水槽で、特に水温に敏感な生体や水草を飼育しているような場合は、水温を適切に維持できるクーラーが確実だと思います。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;