ライト(蛍光灯・メタハラ)

スポンサード リンク


ライトも必需品の1つでしょうか。

魚だけを飼育するのであれば、それほどの明るさは必要ないと思いますが、水草を健康に育成するのであればそれなりの明るさが必要になってきます。

特に光を必要とする種類の水草であれば、60cm水槽で20W蛍光灯3〜4本程度はないと、なかなかいい感じで育ってくれないようです。


蛍光灯には、水草飼育用のものが発売されていますが、一般用の蛍光灯でも全然問題ないです。

私は30cmキューブ水槽に、27Wのデスク用ライトを使ってます。

小形水槽向けの蛍光灯はW数が少なく暗い割には価格が高い物が多く、イマイチしっくりくるライトがなかったのです。


ライトの種類としては蛍光灯とメタルハライドランプ(メタハラ)の2種類ありますが、基本的に60cm以下の小形水槽であれば蛍光灯、それ以上の中型から大型水槽であれば蛍光灯かメタハラになると思います。

個人的には、メタハラであればADAのソーラーTが、蛍光灯では同じくADAのソーラーUがデザイン・性能ともによさそうな感じです。

私ももう少し水槽を大きくして、ソーラーTのメタハラで水景を楽しみたいんですけどね。(^^;





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;