バクテリアに異変?ガラス面にコケが大量発生してます・・

スポンサード リンク
レイアウトを変更してからというもの、ガラス面に頻繁にコケが出てきてしまいます。

ひょっとして水草が大幅に減った事で、何かしらバランスが崩れてしまったのかもしれません。

今まではミクロソリウム・ナローリーフや、アヌビスナナ・プチがけっこう大量にあったのですが、今は少量のウィローモスしかないですからね・・。

水面の油膜も以前よりひどいので、フィルターのバクテリアに異変があっている可能性が高いように思います。




水槽ガラス面掃除しても、約一週間ほどで写真のような状態にまでコケが繁殖してしまいます・・。

こんな事は今までなかったんですけどねぇ。

レイアウト変更後、しばらくは添加する二酸化炭素の量もそのままだった為、水草の光合成による酸素供給量よりも大幅に二酸化炭素の量が上回り、それでバクテリアが死滅してしまったのかも。。

元々、二酸化炭素は3秒1滴ほどだったのですが、少量のウィローモスにはそれでも多すぎだったかもしれません。

今は添加する二酸化炭素量も7秒1滴ほどと、かなり少なくしてみたのですが、イマイチ収まってくれません。

一応、外部フィルターの中も開けてみたんですが、汚れは殆ど無いので多分バクテリアに問題があるんだと思います。


というか、水草がウィローモスだけなら、果たして二酸化炭素を添加する必要性はあるのか?という氣がしないでもないんですよね。

外部フィルターの排出口を空気を巻き込むように設置しておくだけで、十分のような気もしてきました。

それか、エアーポンプで空気を送ってやるか。

以前、熱帯魚店にウィローモスだけのキレイなレイアウトを見たときも、店長がウィローモスだけなら二酸化炭素を添加する必要は全然なし、といってましたからねぇ。

しばらくの間、二酸化炭素の添加を止めて様子を見てみようと思います。





私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;