活着していた少量のウィローモスが復活してきました!

スポンサード リンク
レイアウト変更の際に、ウィローモスを殆ど撤去したのですが、流木に活着していた極少数のウィローモスはそのままでした。

そうしたところ、その少しのウィローモスが最近けっこう増えてきています

活着していたウィローモスはどれも弱々しく、量も極少量だったんですけど、やはりかなりの生命力があるみたいですね。




キチンと活着しているせいか、全体的に健康そうな緑色をしてイキイキしているような感じです。

以前はけっこう茶色くなったり、くすんだ感じになってる部分もかなりあったんですけどね。

これから伸びてくれば、またそういう部分も出てくるとは思いますが、活着している部分だけを残してそれ以外は手でむしり取って維持していけば、けっこうキレイな感じになりそうです。




やはりちゃんと活着するとイイ感じになってくれます。


それと、以前生まれたミナミヌマエビも元気です。

ただ、エサを全然やって無いせいか、イマイチ成長が遅いような気がします。
大体1cm程度のエビが多いみたいです。

そして気のせいか、レイアウトを変更してからミナミヌマエビの数が減ってるような気もするんですよね。。

ひょっとして、ウィローモスがエサや隠れ家になってたのを、殆ど取っ払ってしまったのが原因かも・・

ただ、あまり繁殖しすぎて収集が付かなくなっても困るので、ある程度自然に適正数に収まってくれた方がありがたいんですけどね。




現在の水槽はこんな感じ。かなりミクロソリウムが増えてきました。

ただ、ミクロソリウム・ナローリーフの葉先が枯れてきているのがちょっと増えてきてます。

その枯れ方もグラデーション掛かっていているような感じで、今までの枯れ方と違うのがちょっと気になります・・

ひょっとして水温が高くなってきてるのが原因かも。

最近は冷却ファンが回っていても、昼間の水温が29℃ぐらいになる日もあるんですよね。
ちなみに部屋の温度は6月下旬にもかかわらず、34℃ほどになってますからね〜。

他にも何か対策をしないとやばいかも・・




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;