二酸化炭素切れでガラス面にコケが付き易くなってました。

スポンサード リンク


ここ最近、どういうわけかガラス面にコケが発生しやすくなってきていました。

ガラス面のコケをとっても1週間ほどするとまたコケが出てきてしまうのです。
今まで3週間ほどほったらかして出てきたコケの量が、1週間で出てきてしまってます。

何でかな〜と思って色々原因を考えてみると、二酸化炭素ボンベが空になってました。。(^^;


そういえば最近水草に気泡がついてなかったように思います。。

このADAのボンベも、私の30キューブだと3ヶ月半程は持つみたいですね。4秒1滴ぐらいしか出してないのでかなり長持ちしてくれるみたいです。

光合成が上手く出来ずに、バランスが崩れてコケが出やすくなってしまったんだと思います。
やっぱり水槽内のバランスって大切ですね。

新しいボンベに交換しておいたので、たぶんコケも収まってくれると思います。




私は、熱帯魚飼育を再開するにあたって、楽天に出店されているチャーム(charm) さんで、色々と生体・水草や熱帯魚器具を揃えました。
膨大な商品が揃っていて、大半の商品が○○%引きです。見ているだけでもかなり楽しめます(^^;